家族が急に入院したら、まず限度額適用認定証を取得しましょう

家族が急に入院したら、慌ててしまうのはしかたありません。

急な電話

少し落ち着いたなら、お金のことを考える必要があります。

高額な医療費が必要となると予想される場合、どうしても金策、お金を借りることを考えてしまうでしょう。
果てしなくお金がかかるような気がして青ざめてしまうかもしれません。

でも!その前に!

限度額適用認定証を取得しておくことがおすすめです。

みなさんの加入している健康保険には「高額療養費制度」があります。

医療費が高額な場合に限度額を設けて助けてくれるしくみです。

ちゃんと申請すれば大きな医療費の払い戻しがおこなわれるのですが、知識がない場合、回りの方が教えてくれない場合、そのまま申請せずに放置して過ぎてしまい、ずいぶんと損をしてしまうかたが多いのが事実です。


「限度額適用認定証」を取得して、それを病院の窓口に出します。
加入しているのが国民健康保険なら、市区町村の国民健康保険の窓口へ。
全国健康保険協会(協会けんぽ)なら、協会の支部へ申請します。


すると、あなたが払う医療費は、高額療養費制度の自己負担限度額までとなります。


払い戻しを申請するまでもなく、自己負担限度額で収まりますので、とても安心です。

高額療養費制度の自己負担限度額はあなたの年収によって計算できます。

あなたが年収350万円なら、自己負担額はひと月57600円まで(3ヶ月まで)。4ヶ月以降はひと月44400円まで。

あなたが年収500万円なら、自己負担額はひと月80100円まで(3ヶ月まで)。4ヶ月以降はひと月44400円まで。


普段の医療費の3割負担に比べればずいぶんと安く済むはずです!


これは絶対に忘れてはならないすごい救済措置です。
健康に不安のあるかたの中には毎年あらかじめ限度額適用認定証を取得しておくという賢い方もおられます。
ほんの少しの手間ですが、得られる安心は大きいです。

ただし、保険がきかないぶんなどは限度額に含まれませんので、注意してください。
よくあるのは以下のような費用です。

差額のベッド代・ひとり部屋などを指定した場合の室料。
入院の食事代。
などですね。


参考になるページ
医療費が高額になりそうなときは限度額適用認定証をご利用ください。(協会けんぽ)
高額療養費制度を利用される皆さまへ(厚生労働省)

高額療養費制度は制度ですから、よく頭を使えばより得をすることができます。
それほどないかもしれませんが、「世帯合算」。高額療養費制度を利用する家族がふたり以上いる場合は合算でき、さらに得になります。

もっとも気をつけたいのは、入院〜退院をひと月内に収めること。
月をまたぐと限度額があるとはいえふた月分の医療費がかかりますから、またがない場合に比べると倍になる可能性もあります。
入院するときはいろいろ辛い状況であるとは思いますが、月始めなら早めに入院し、月末であれば翌月の頭に入院することを考えてみてください。(日にちをコントロールする余裕があればです!)