過払い金の請求

金利にはグレーゾーンというものがあり、これまで金融会社は利息制限法と出資法のあいだのそのゾーンを積極的に活用して金利を設定してきました。


それによって発生した貸金業者に払い過ぎたお金は、黙っていれば返ってくることはありませんが、元本の額以上に支払ったお金は法律的には返す義務があるので、手続きを踏んで請求すれば、取り戻すことができます。

これが過払い請求です。

10万未満の場合は年20%
10万以上100万未満の場合は年18%
100万以上の場合は年15%
というのが利息制限法の金利の上限。

費用はかかりますが、弁護士や司法書士を立てておこなうのが普通です。
個人でやろうと思っても、相手側はプロですから、弁も立ちますし、ひとつひとつに反論していくことも知識のない素人には難しいでしょう。